ソロモンスクエア

京都民3人が送る探索バラエティ

党大会を終え、中国はどこに向かうのか…

f:id:soromon326:20171026181937j:image

中国で行われていた一大イベント、中国共産党第19回全国代表大会
5年に1度開かれるこの全国代表大会は中国共産党の最高機関でもある


その第19回党大会が注目されたのは指導者メンバーが様変わりするからだ
中国では政治局常務委員の7人が国の方針など重要事項を決めることができます(中国共産党でもほんのひと握りのトップ)

f:id:soromon326:20171026182002j:image

 

今回は10月18日から10月24日まで北京で行われました


二期目に突入する習近平主席は政治局常務委員に自らの派閥を増やすことによって権力の集中を図ることは報道されていた


現在派閥は3つに分かれており習近平主席が属する太子党胡錦濤氏が属する共青団(中国共産主義青年団)、江沢民上海閥(江沢民グループ)がある


習近平主席は自らの派閥の者を多くすることに成功した
事実上、政治局常務委員も習近平主席が掌握したと考えて良いだろう


習氏が行ってきた反腐敗キャンペーンにより政敵を失脚させてきたのも大きい
上海閥は反腐敗キャンペーンもあるが勢力的には衰えてきているように思う


気をつけなければならないのは共青団である
反腐敗キャンペーンなどで勢力を削ぎ落としたとはいえ、共青団は組織的にも大きく、習氏にとって脅威となり続けるであろう


習近平思想を盛り込むことにより、毛沢東思想、鄧小平理論と同じく自らの名前を冠したものとなった
彼らと並ぶ者であるというアピールにもなり、歴史にも名を残すことになった


習近平主席一強体制を築き、政策等がしやすくなった
中国は内外に多くの問題を抱えるとともにアメリカと並ぶ大国となることを目指している
今後、一強体制となった習主席が中国をどのような国にするのか目が離せない


メルカバ