ソロモンスクエア

京都民3人が送る探索バラエティ

海外進出を進める中国、パキスタンに不凍港を得る

f:id:soromon326:20180111232944j:image

中国はいま積極的に海外進出を行っている

現代のシルクロードというべき、一帯一路構想を実現させようと躍起だ

一帯一路実現のため、中国は豊富な資金を関係国への援助金としてばらまき、資金が必要な関係国はそれを大歓迎している

その中国がいま一番援助を行っている国が「パキスタン」だ

パキスタンはインドの隣国であり、インドとは犬猿の仲である

 

パキスタンは中国とめっちゃ仲がいい

過去には戦闘機を共同開発を行ったこともある(JF-17)

 

そして、舞台はパキスタンの南西部の小さな港町グワダル
f:id:soromon326:20180111174148j:image

(Googleマップ)

 

このグワダルはイランとの国境に近く、アラビア海に面している

そして、オマーン海の入口付近にある要衝でもある

 

そんなグワダルに中国は相当な金額を援助し、学校を建設し、医師を派遣したり行っている

さらに新たな空港、病院、大学、水道インフラの整備を約束するという大盤振る舞いである

これらは565億円にものぼる無償資金協力によって行われる

 

これらの支援はパキスタンのことを思って善意で行われている……という訳では決してない

ここまで支援するのは狙いがある

交通の要衝として最適なこのグワダル港を世界有数の貨物積み替えのハブ港として整備し、利用しようと目論んでいるのだ

 

さらにエネルギー資源用のパイプラインや道路・交通網を整備することで中国西部地域と接続しようというわけである

 

ただ、このグワダルはいかんせん治安が悪い

パキスタンにおける最貧地域であり、外国からの訪問者は兵士や武装警察の護衛なしでは移動できないレベルである

 

だからこそパキスタンとしては中国によるこの地域への支援を喜んでいるのだろう

 

中国は援助の見返りとして港湾収入の91%を得ることになり、中国の運営事業社は20年以上にわたり、主要な税金が免除される

返還は40年後になってからである

スリランカに比べればまだマシであるがなかなかの条件だ

お金はかかるが中国にとっては旨みがある

ほんと21世紀の帝国主義だなぁ

 

 

このグワダル、ハブ港だけの利用にはとどまりそうにもない

そう、軍港としての利用だ

アメリカとインドはこの港が軍港として利用されるのではないかと懸念している

ここに軍港があれば大変便利である

目の前はアラビア海、少し行けばオマーン海、アデン海にも行ける距離である

 

多くの石油タンカーも通るためにアメリカやインドは警戒しているのだろう

特にインドは隣国である

ここに軍港が出来ようものなら安全保障上、重大な危機に陥る可能性がある

 

日本も例外ではない

日本の石油輸入は中東に頼っており、グワダル付近のアラビア海オマーン海は日本のシーレーンに位置している

ここを抑えられれば、石油が入ってこなくなるのだ

 

一帯一路に日本も条件次第と言いつつも協力することを最近、表明した

中国の利益になるようなことにはならないで欲しいものだ

 

何気ない遠い国のニュースも巡り巡って日本に影響を及ぼす

情報のアンテナを広げていかなければと思うのであった

 

そういや、グワダルってグワジンになんか似てるよね

グワジンジオン公国の大型戦艦のことだよ

グワダルはパキスタンの街だよ

 

パキスタンって人口2億もいたんだね

日本の倍くらいおるとは…知らなかった

まだまだ知らないことだらけだと日々痛感

 

もしよければ読者登録お願いします!

Twitterのフォロワーも募集中

 

メルカバ