ソロモンスクエア

京都民3人が送る探索バラエティ

三毛猫のオスがとても珍しい理由とは

f:id:soromon326:20180114204200j:image

 

三毛猫ってかわいいですよね

知ってましたか?

実は三毛猫はほとんどメスなんです

オスの割合がとても低いため、オスは大変珍しい存在となっています

 

三毛猫とは、3色の毛が生えている猫の総称のことを言います

一般的に白・茶色・黒の3色で短毛の日本猫。白・茶色・こげ茶のものを「キジ三毛」、縞模様との混合のものを「縞三毛(しまみけ)」と特に分けて呼ぶことがある。

そのほとんどがメスでありオスはめったに出現しない。そのため伴性遺伝の具体例として遺伝学の教科書などで扱われることが多い。

日本では珍しくないネコだが、日本国外では比較的珍しく、キャリコまたはトーティ・アンド・ホワイトと呼ばれる。仏風にトリコロールあるいはトライカラー(Tricolor)と呼ばれることがある。ただし英語のトライカラーは錆び猫も含み、かつ「真の」トライカラーは赤(茶、オレンジ)、白、黒の3色、もしくは赤黒が「薄まった」色がすべてある猫である、ただし白の部分が極めて少なく2色に見える場合も含む。西欧や北米にあっては、ジャパニーズボブテイルが「ミケ」(Mi-ke)の愛称で珍重されている。

 

三毛猫って海外だと珍しいんですね

なんか意外です(笑)

 

三毛猫のオスの割合ですが3万匹に1匹程度と言われています

希少すぎます

そんな割合でよく種として存続できてるなと感心してしまいます

このオスが生まれる原理は理系の分野過ぎて文系の僕にはさっぱりわかりません(笑)

 

これは、ネコの毛色を決定している遺伝子がどの染色体に存在するかに原因が求められる。ぶち(白斑)や黒などを決定する遺伝子は常染色体上に存在するが、オレンジ(茶)を決定するO遺伝子のみはX染色体上に存在し、伴性遺伝を行う。そのため、三毛猫が産まれるのはO遺伝子が対立するo遺伝子とのヘテロ接合になった場合となる。これは哺乳類では2つのX染色体のうち、どちらか一方がランダムに胚発生の初期に不活性化されることにより、毛色がオレンジになる(O遺伝子が発現)部分と他の色になる部分に分かれるからである。ゆえに、原則として三毛猫はメス (XX) となる。

オスの三毛猫が生まれる原因は、クラインフェルター症候群と呼ばれる染色体異常(X染色体の過剰によるXXYなど)やモザイクの場合、そして遺伝子乗り換えによりO遺伝子がY染色体に乗り移ったときである。

染色体異常の場合は通常繁殖能力を持たないが、モザイク、遺伝子乗り換えの場合は生殖能力を持つことがある。なお、クラインフェルター症候群のオスの出生率は3万分の1である。

 

とりあえず、奇跡的な感じです(とてもざっくり)

染色体異常によってオスが誕生することになるため、その割合もとても低いものとなってしまうということのようです

染色体異常なんて中々起こらないですしね

 

 

三毛猫のオスは縁起のいい動物とされています

船に乗せると福を呼び、船が遭難しないと信じられていたという言い伝えがあったりするんですよ

縁起がいいとされているため、招き猫は三毛猫がモデルという場合が多いらしいです

 

 そして、よく三毛猫のオスは高いと言われていますがそうでもないようです

数千万円の価値はあっても値段はそれほど高くはありません

ちょっと残念ですね(笑)

 

結論、三毛猫はかわいい!

 

もしよければ、読者登録お願いします!

Twitterのフォローもお願いします!

メルカバ