ソロモンスクエア

京都民3人が送る探索バラエティ

核兵器における相互確証破壊が意味をなさなくなる日はそう遠くないかもしれない

f:id:soromon326:20180204144855j:image

 

先日、アメリカの国防省核戦略を見直すと発表しました

オバマ前大統領によって核削減という道筋が作られましたがトランプ大統領によって無きものになりそうな感じです

国防総省は2日、核戦略報告書「核態勢の見直し(NPR)」を発表し、米軍が保有する核兵器群を革新するとともに、「戦術核兵器」とも呼ばれる低出力の小型核兵器を新たに開発する方針を示した。主に近年のロシアの行動に対応する動きだという。

 2010年に続き8年ぶりに発表された同報告書は75ページからなり、ドナルド・トランプDonald Trump)政権下で国防総省が目指す核兵器関連の目標を概説し、今後数十年間の核の脅威に対する米軍の見解を示している。

 バラク・オバマBarack Obama)前大統領は2009年のプラハ演説核兵器廃絶を訴えたが、今回の報告書はオバマ政権が示してきた核分野の展望から決別する内容。

 今回の報告書は北朝鮮、イラン、中国に対するトランプ政権の懸念を強調する一方、主にロシアに焦点を当てている。ジェームズ・マティス(James Mattis)国防長官は報告書の冒頭で「これはロシアの能力拡張と、その戦略・方針が持つ性質への対応措置だ」とした。
 国防総省は、米国が保有する高出力の通常核兵器について、使用すれば大規模な報復を招き人類の大半を死滅させる恐れがあることから、実際には起爆できないとロシアからみなされ、十分な抑止力とはならないことを懸念している。

 米軍統合参謀本部戦略計画部のグレゴリー・ウィーバー(Gregory Weaver)副部長は記者団に対し、「米国とNATO北大西洋条約機構)は、極めて具体的な目的のため、信頼性ある低出力核兵器のより幅広い選択肢を必要としている」と説明。

 その目的とは「ロシアが同盟国との戦争において限定的な核使用に着手した場合、われわれはロシアの目標を拒絶し、そこから得られる便益よりもはるかに大きな犠牲を払わせるよう対処するということを、ロシア指導部に理解させるというものだ」と述べた。

米、小型核弾頭の開発表明 8年ぶり指針で戦略転換 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

 

これまで核保有国は相互確証破壊を前提とした核戦略をとってきました

核を撃てば、自国も核攻撃を受けるため、核兵器を使うことが出来ないというものです

お互いに撃てば撃ち返すぞということが分かっていて成り立ちます

核兵器というものが巨大な威力を誇る兵器であるため、よほどのことがない限り、使用はされません

ロシアは使用すれば地球・人類に大損害を与える核兵器をアメリカは使うことが出来ないと思われるのではないかと懸念しているのです

核兵器を持っていても核抑止にならないということです

新たな使用可能な核兵器を開発することにアメリカが迫られているということになります

 

小型化され、威力も通常よりも小さい核兵器が誕生しつつあることを表しています

冷戦においては高出力の核兵器の開発競争が行われていました

その過程でソ連ツァーリ・ボンバという世界最大の水爆を作り上げました

これからは反対に小さくて小出力の核兵器が開発されるようになるでしょう

 

戦争においても小出力であれば使うこともできます

使用後の被害などを考えなければ、実際に使われる恐れもあります

 

核兵器廃絶へ向けて世界が進んできた中で減ってきた核兵器が小型化により、その数は増していく可能性があります

しかし、核兵器核兵器です

使用すれば放射能が撒き散らされ、不毛の地になります

そう考えると、世界がなくなるのもそう遠くないかもしれませんね

 

もしよければ、読者登録お願いします!

Twitterのフォローもお願いします!