ソロモンスクエア

京都民3人が送る探索バラエティ

AH-64D アパッチ・ロングボウが民家に墜落するという悲劇は何故起きたのか

f:id:soromon326:20180206181107j:image

 

昨日、AH-64D アパッチロングボウが墜落するという事故が起こりました

 

佐賀県神埼市千代田町に墜落した陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリ。防衛省によると、異常を感知して着陸を試みたが、機首から住宅街に落下したという。高性能でありながら、通常のヘリよりも高度な操縦技術を要しないとされる機種。同型機は飛行停止となったが、軍事専門家は「なぜ住宅街に落ちたのか」と首をかしげた。


軍事アナリスト帝京大志方俊之名誉教授(安全保障)によると、AH64D戦闘ヘリは、ミサイルの射程が従来のヘリの2~3倍はあり、命中精度もよい。価格は通常の戦闘ヘリの数倍といい、国内でも希少な機種という。

ただ、通常のヘリに比べて特段の操縦技術が必要なわけではないといい、志方名誉教授は「事故があったのは点検飛行で、熟練したパイロットが操縦するケースが多く、操縦ミスがあったとは考えにくい」と指摘する。

志方名誉教授は「最近米軍ヘリが墜落する事故が相次ぎ、米国に対して安全策を求めていただけに、こちらの安全策もどうなのかということがいわれかねない。早急な原因解明が必要だ」と話す。

専門誌「軍事研究」編集部の大久保義信さんも、AH64D戦闘ヘリを、「世界最強レベルの攻撃ヘリコプター」と説明。「戦車や装甲車を撃破できる破壊力を持つ一方、機械としての練度も安定しているため、機械に不具合が出てきたとは考えにくい」とみている。

さらに、ヘリが民家に墜落したことについて「自衛隊なら墜落することになったとしても、身をていしてでも住宅街から外れて落ちようとするはず。こうした事故は珍しく、どういう状況だったのか詳しく調べる必要がある」と話している。

【陸自ヘリ墜落】事故機は「世界最強レベル」 軍事専門家「操縦ミスは考えにくい」 - 産経ニュース

 

本機は陸上自衛隊 西部方面航空隊 第3対戦者ヘリコプター隊 目達原駐屯地所属のアパッチである

といっても実戦配備されているのはここだけである

AH-1S コブラの後継のために導入されたのだが単価の高騰などにより途中で中止され、調達数が非常に少ないです

 

さて…何故、アパッチは墜落したのであろうか

記事にもあるように墜落するにしても住宅地は何がなんでも避けるように訓練されている

さらにこの墜落場所、田んぼに囲まれた住宅地であり、意図的に墜落したとはとてもじゃないが考えられないのである

 

整備点検後の試験飛行中に墜落、炎上した事故でメインローター(主回転翼)が先に落ち、その後に本体が住宅の方に落ちた可能性があることが分かった。近隣住民が取材に対して証言した。墜落現場近くの認定こども園副園長も「異常な音が聞こえたので園舎の外に出ると、ヘリからローターがはじけ飛ぶのを見た」と話した。

【自衛隊ヘリ墜落】メインローターが先に落下か 「はじけ飛ぶの見た」 整備点検後の試験飛行中 - 産経ニュース

 

目撃者の証言などからメインローターに異常が起こったらしい

メインローターがやられたらどうしようもない

操縦不能となる

操縦不能になったらただ堕ちるのを待つのみ

その恐怖は計り知れなかっただろう

その墜落の瞬間が佐賀テレビで放送された

 

動画から真下に墜落しているのがわかる

しかも突然に

どう見ても予防着陸などではない

着陸などというレベルではないのだ

政府は予防着陸だ、落着などと言っているがどこをどう見ても墜落である

最近の在日米軍のヘリ墜落などが影響しているのだろうか

それにしても映像がよく撮られていたものだと思う

私は機体について詳しくないのでそこが知りたい人は詳しい人を調べるほうがいいだろう

 

整備直後の飛行だったということもあり、整備不良が疑われているがまだよく分かってはいない

早急な原因究明が求められるだろう

墜落した住宅に住んでいた方が無事であったのは幸いであった

 

最後になりましたがお亡くなりになった自衛官2人について、心からご冥福をお祈りします

 

もしよければ、読者登録お願いします

Twitterのフォローもお願いします

メルカバ