ソロモンスクエア

京都民3人が送る探索バラエティ

歴史を直視しない韓国、いつまで慰安婦問題は続くのか…

f:id:soromon326:20180302103642j:image

 

口を開けば必ずといっていいほど慰安婦問題のことを話す韓国

そして日本に対して慰安婦問題について謝罪しろ、歴史を直視せよと言ってくる

これが韓国の日常である

 

日韓の間では請求権の問題は解決している…はずなのである

1965年の日韓基本条約により、韓国は一切の請求権を放棄することになった

それは慰安婦問題に対する賠償・謝罪も含まれる

条約締結以降も韓国は慰安婦や強制労働者などに対する賠償・謝罪を求めてきた

そのため、朴槿恵政権において、この問題の最終解決を計る日韓合意をすることになったのである

 

この合意により、本当の意味で終わるはずであった

国と国の合意であり、国際法上でも有効なものであり、これを破ることは国としての信用を無くすことを意味する

 

私はふと思った

「近代国家にあらず」

 

前政権が勝手にやったとして合意を認めない、もしくは再交渉を行なえば近代国家としての体をなさないのである

 

そのため、合意については韓国政府はなにも出来ないのである

せいぜいできることは、遠吠えくらいである

 

慰安婦問題について、韓国が吠えることをやめることはないだろう

日本に対して、唯一強く言えることであるからだ

これが無くなれば、日本に対してなにも言えなくなる(竹島問題があることはあるが…)

 

国内世論に対して、有効な手段として反日を用いてしまっているいま、慰安婦問題がなくなれば国内をまとめるのも苦労するであろう

 

韓国という国が存在する限り、慰安婦問題はなくなることはないだろう

それと日本に対して歴史を直視しろと言うのではなく、まずは自分が歴史を直視していただきたいものである

 

 

もしよければ、読者登録お願いします!

Twitterのフォローもお願いします!

メルカバ