ソロモンスクエア

京都民3人が送る探索バラエティ

毛沢東以来の長期政権を目指す「習近平の野望」

f:id:soromon326:20180304095653j:image

 

中国共産党中央委員会が、国家主席の任期を連続2期10年までとする条文を憲法から削除する改憲案を、全国人民代表大会全人代=国会)に提出したことが25日、明らかになった。3月5日に開幕する全人代で可決される公算が大きい。中国国営新華社通信が25日、伝えた。


現行憲法では、2013年に国家主席に就任した習近平氏(総書記)の任期は22年で終わる。改憲案が可決され、任期が撤廃された場合、23年以降の3期目の続投も可能となる。建国の父、毛沢東に匹敵する異例の長期政権に向けた布石といえる。

全人代では、習氏の指導理念を憲法に明記する改憲案も承認される見通し。党内外では習氏への個人崇拝の動きが広がっており、習氏の独裁体制が一層強化されることになる。

国家主席は国家機構のトップで、国家元首に相当する。党トップである総書記の任期については党規約に明確な規定はない。

中国、国家主席の任期撤廃の改憲案提出 習近平氏の長期政権に現実味 - 産経ニュース

 

中国で衝撃なニュースがありました

国家主席の任期規定が撤廃され、毛沢東以来の長期政権も可能になったのです

国家主席の任期は中華人民共和国憲法(1982年憲法)により、任期5年・3選禁止が規定されることになります

 

毛沢東という建国の父でありながら、恐ろしい問題児を抱えたことにより、任期規定が追加されることになったのです

任期規定後は各派閥が交代で国家主席を担当してきました

 

 

任期規定は独裁者を防ぐために作られたのですが一党独裁を行なう中国にとって、独裁者は認めないというのは少し矛盾を感じるところです

 

独裁者というのは有能なときはいいのですが晩年になり、衰えなどにより、無能に成り果てることが多いです

 

中国建国の父、毛沢東も例外ではありませんでした

国民党などとの内戦では毛沢東はとても優秀な人物でした

しかし、中国を共産党が支配し、毛沢東が内政を行なうようになると内政スキルのなさが露呈するようになります

 

大躍進政策により、数千万といわれる国民が餓死することとなり、内政が出来ないことがバレてしまいます

これは毛沢東の死後になるまで、間違いだったと認められることはありませんでした

 

こんな内政下手な毛沢東がいればそりゃ、独裁制から集団指導体制に移行し、任期規定も設けますわ

 

 

習近平(太子党)に関してはここまで内政が下手ではありません

李克強という内政スキルの高い人物もいるため、大丈夫でしょう(李克強共青団)

 

おれは毛沢東になる!

というのが習近平の野望です(内政を除く)

そのために権力の集中を計ってきました

 

さらに不正撲滅キャンペーンという政敵を一掃すると共に不正に対して、厳しくしますよという国民アピールができる政策を行ってきました

 

全人代で指導部の大部分を自らの息のかかった者になったので習近平はもう無敵状態なのです

 

そして、とうとうだしてきたのが今回の任期規定撤廃です

これで終身国家主席が可能になったのです

毛沢東並み…もしくは毛沢東を超えるかもしれません

 

当分の間は権力の集中が有効に働くことでしょう

人には衰えが必ずやってきます

ジンバブエムガベ元大統領のように

その時、中国がどうなるのか…習近平氏がどうなっているのか…

 

習近平の野望(国内編)は任期規定撤廃により、成し遂げられることになったのでした

習近平の野望(海外編)とかやってみたい(笑)

 

 

もしよければ、読者登録お願いします!

Twitterのフォローもお願いします!

メルカバ